研磨

研磨とは

研磨とは塗装表面等を削ったり、埋めたりして凹凸のない綺麗な状態にする作業です。
基本的にはポリッシャーという機械を使いコンパウンドという研磨剤を使用しますが、もう少し詳しく言うと塗装表面に最初は大きな傷をつけて、それを徐々に小さな傷に置き換えていき、最終的には人の目では判別できない程の細かい小さな傷にしていく作業になります。そうして出来上がった美しく見える塗装面も電子顕微鏡で見ると無数の細かい傷で構成されていくことになります。

研磨はガラスコーティングをする際の出来上がり(見た目)を左右する非常に重要な作業になります。
よく「ガラスコーティングでこんなに美しくなります」という宣伝を見かけますが、その美しさの90%以上が研磨による輝きで、コーティングは10%以下です。

研磨はショップによって出来上がりが全然違います。ですのでここでは研磨を知るうえでそのお店の重要ポイントを明記します。

タンクの半分をマスキングして研磨。
大まかな傷の状態を確認します。

正しく研磨できる条件

ではどのようなショップが良いのでしょうか。
一般の方にはすぐには判別できないと思いますので、判別ポイントを書きます。

ショップの天井色に注目
天井色が黒でない場合は傷の具合を判別することは困難になります。天井の色が黒でない場合は 傷を浮き出すための光源(ハロゲン・LED投光器など)を用意しているかどうか見ましょう。

使っているポリッシャー数に注目
オートバイの場合、ポリッシャー1つで全てカバーすることは非常に難しいです。
複数のポリッシャーを使っているショップを選びましょう。
ポリッシャーの数や種類はそのショップのこだわりの現れです。

3Dfit で使っているポリッシャー
当店では大中小3台のポリッシャーを使用して研磨作業にあたっています。
ご来店時にご説明させていただきますのでお申しつけください。