CARRERA PHIBRA TWO ロードバイク コーティング 磨き 東京 大田区

2020/07/24 ブログ
carrera001

CARRERA PHIBRA TWO 研磨 ガラスコーティング

プロ通算30勝を誇る名レーサー、ダビデ・ホイファーバ氏。彼は引退後にプロチームを立ち上げ、監督として500勝以上を獲得。そして1989年、自らのチームで使うバイクを作るためにCARRERA(カレラ)を創設。まさにレースで戦うために生まれたバイクブランドがCARRERAです。

carrera002

PHIBRAはダブルアーチ構造という上側のコンフォートアーチ(トップチューブ&シートステー)、下側のパワーアーチ(ダウンチューブ&シートステー)という2つのアーチを組み合わせた独特な曲線的デザインは数あるロードバイクの中でも存在感が際立つモデルで憧れているローダーも多くいらっしゃいます。

今回はフレームカラーの「赤」がぼやけた感じなのでポリッシュ(研磨)でリフレッシュできるならキレイにしたい...というオーナー様からのご依頼です。

ご来店いただいた時に、その場でフレームの一部を軽くポリッシャーで研磨をしてみると、鮮やかな赤が蘇りましてオーナー様も納得のGOサインをいただきました。

 

carrera003

当店はオートバイ、ロードバイク専門のコーティングショップですから、ポリッシュに関しましてもそれらに特化した小型の機材でロードバイクのフレームの隅々まで研磨していきます。また機械の入らない箇所は手作業になりますがしっかりと磨き上げております。

美しく磨き上げたフレーム。またしても撮影を忘れて作業に没頭してしまい、今回の4枚しか画像がありませんがお許しください。m(_ _)m

carrera004

研磨の後は、塗装面にSiO(シリカ)のみが展開する、10Yearガラスコーティングを施工。撥水はしませんが確かな本物のガラス質が長期に渡り汚れの付着を抑え、また洗車時の汚れの落ちやすさと相まってメンテンナス時間の軽減にも繋がります。

ご利用まことにありがとうございました。