CBR1000RR-R FIREBLADE カスタム 東京 コーティング プロテクション フィルム

2020/08/27 ブログ
cbr1000rrr401

CBR1000RR-R FIREBLADE ペイントプロテクションフィルム施工 ガラスコーティング

新型FIREBLADE ですがコロナ感染症拡大の影響で、使用される海外製パーツが入ってこないため初期ロット以降はなかなか納車されない状況が続いていたようですね。
そして8月に入りやっと納車の報告がTwitterなどのSNSを賑わすようになりました。

cbr1000rrr402

ディーラーで車両を受け取り、その足でご来店いただきました。しかし、僅かな距離を走っただけでウェアの腹部辺りがタンクと擦れて傷が入っておりましたのでポリッシャーで研磨ました。
 

cbr1000rrr403

ガソリンタンク、シート下、テールカウル、サイドフェアリングの下部等にペイントプロテクションフィルムを施工しました。

cbr1000rrr404

スピードメーターにもプロテクションフィルムを施工。
清掃時などに生じる擦り傷から愛車を守ります。

cbr1000rrr405

HONDA純正ドライカーボン。
精度が素晴らしいです。価格はフロントフェンダー、アンダーカウル、カーボンハガー(リアインナーフェンダー)の3点で¥387,200!!(驚)

cbr1000rrr406

アンダーカウルはノーマルでは左右2分割でしたが、カーボン製のこのパーツは一体式です。
飛び石から守るために底面にもプロテクションフィルムを施工しました。

cbr1000rrr407

プロテクションフィルムを施工していない外装には、新世代ハイブリッドガラスコーティング「ナノクリスタルプロ」を施工。
下周りはもちろん10Yearガラスコーティングを施工させていただきました。

cbr1000rrr408

新車のうちにペイントプロテクションフィルムとガラスコーティングをインストールすることで、愛車をしっかり傷や汚れから守ることができます。
今回の施工はフィルムとガラスを組み合わせて、リーズナブルに、かつ最大限の効果を見込める仕様となりました。

参考価格 ¥107,000(税別)

ご利用まことにありがとうございました。