MERIDA REACTO ロードバイク コーティングなら 東京 大田区 ガラスの鎧

2020/11/21 ブログ
merida001

MERIDA REACTO 5000 ガラスコーティング

メリダは1972年創業のメーカーで、製造工場のある台湾本社の他、1998年にドイツにもMERIDAヨーロッパR&Dセンターが創設され、自転車の設計は現在そちらで行われています。関連会社のSPECIALIZEDをはじめとした様々なブランドのOEM生産も手がけ年間150万台の自転車を生産する、同じ台湾のジャイアントに次ぐ世界第二位の自転車メーカーです。

merida002

REACTO5000は上位モデルと同じREACTO CF系カーボンフレーム採用の軽い快適エアロ。速さももちろんヒルクライムも行けちゃうオールラウンダーエアロバイクと言えます。

merida003

見た感じでは塗装も良いです。

最近....
自転車の塗装の酷さにやられているので、塗装のしっかりしたメーカーは嬉しいですね。
この件については後日紹介させていただきます。

話がそれましたが、ガラスコーティングは塗装面の構成粒子より小さい粒子で構成されているため、コート剤が塗装面に浸透結合します。従いまして物理的ダメージを与えなければ長期に渡って汚れの付着し難いボディが保てます。

当店の10Yearガラスコーティングはバイク業界でスタンダードな製品の約8倍のガラス濃度を誇る高品質ガラスパウダータイプコーティングで、お使いのお客様からのリピートも多くいただいている、自信を持ってお薦めできるコーティングです。

merida004

黒メインのボディは傷が目立ちやすいので正しいお手入れが必要不可欠です。当店ではガラスコーティングの性能云々よりも、お手入れ(洗車方法)への時間を多くつかって、お客様がより豊かなロードバイクライフを楽しんでいただけるようにお手伝いさせていただきます。

ご利用まことにありがとうござました。