オートバイ ガラスコーティング 東京 CRF250 RALLY リーズナブル

2021/09/18 ブログ

HONDA CRF250RALLY ガラスコーティング 
 

ホンダのツーリングからダートまで、様々なシーンでタフな走りが楽しめるデュアルパーパスモデルが、CRF250から派生したCRF250RALLYです。

今回はリーズナブルなガラスコーティングのご紹介です。

CRF250RALLYはノーマルCRFと違ってガソリンタンクが大型化されて、シェラウドやエンジン部分をフルカバーする外装が特徴的。
それに伴って下周りの施工部分が少なくなりました。

もうひとつの特徴がガソリンタンク以外の外装はすべて樹脂製であるということ。
樹脂製品に通常のガラスコーティングって耐久性がイマイチのように感じます。樹脂専用コーティングもあるのですが新車に施工すると稀に斑が出たりしますので、一年くらい経ってからの方が効果的ではないか?と考えてます

そこで今回はかなり割り切り安価仕様で施工してみました。

上は外装パーツ一式ガラスコーティング。
下周りのガラスコーティングはエンジンの外から見える箇所とリアスイングアーム、サスペンション、ブレーキキャリパー、ステップ類、マフラー、サイレンサー、ナンバープレート等。
スポークホイールへのコーティングは見送り。

あとは当店オリジナルのSGC TypeL(200ml入り¥5,390)をセットとしてオーナー様にお渡しします。

TypeLは簡易ガラスコーティングですが、撥水力と耐久性はなかなかのもの。3Dfitが自信をもってお薦めするコーティング剤です。
スプレーしゅっしゅっ!で拭き取るだけ。
洗車の後に時々熱くならない箇所や外装プラパーツ等にコーティングしていただければ、汚れの付着もおさえて後の洗車もラクになります。
そうそう、TypeLはクリーナー成分も入っていますから、ホコリや砂等をしっかり水で落としていただければ、洗剤は使わずとも汚れも落とせますし、洗車時の水分が残っている状態でもそのままお使いできます。

このSGC TypeLはレザー製品にも使用できるマルチっぷりを発揮する簡易コーティング剤ですが、RF250RALLYのコーティングに、このSGCがついて¥38,500(税込)は、かなりお得だと思いませんか?


3Dfitはお客様のご予算・ご要望にお応えして臨機応変にコーティングメニューを提案させていただいております。
コーティングに迷ったら是非ご相談くださいませ。